百年庭園の宿 翠水(旧:松月亭)は、やわらかな和の趣と 、眼前に広がる池と庭園の調和により、 「庭屋一如」 を代表する上質な空間を演出。 建物は意匠(デザイン)を凝らした本格的な数寄屋造り建築で、日本文化の神髄が散りばめられています。

約700坪の日本庭園に呼応して建てられた百年庭園の宿 翠水は、3部屋それぞれに個性的なデザインを施した数寄屋造り。小倉の街が都市化する中、この景色を未来に遺したいという想いを代々受け継いでまいりました。
歴史的な数寄屋造りの建築技法、池を中心に散策をお愉しみいただける回遊式庭園など、普段触れることのない日本の伝統美をご宿泊の上ご堪能いただけます。

客室のご案内

日本の伝統的な「数寄屋造り」の客室からはさまざまな角度から覗く「百年庭園」の景観美をお愉しみいただけます。日々の喧騒から離れ、ゆったりと贅沢で心地のよい時間をお過ごしください。

菅生(すがお

格式高き空間で過ごす非日常の時間

唯一庭園に出るための玄関があり、ゆったりと庭園散策を満喫できます。また意匠性も高く、数寄屋作り建築の集大成をお愉しみいただけます。格調高い場所で行うとされている、将棋の名人戦400年記念の対局もここで行われました。

建築の特長

随所に使われている一枚ケヤキが見所。広間踏込み床の幅約87cmと脱衣室床板の幅約86cmは、共に一枚ケヤキ(天井は松板)。軒が板軒になっているのは北九州でも珍しく、かつ杉の広材を使い、仕上がった時に人の目に触れる「化粧」部分は、釘を見せない上質な造りに。

お部屋タイプ和室(禁煙)
最大宿泊人数8名様
お部屋の広さ110.5㎡(15畳+7.5畳)
布団8組

企救(きく

自然との調和を堪能できる、上質なひと

池に面した部屋からは優雅に泳ぐ鯉の姿がみられ、ゆっくりと落ち着いた時間を演出します。池と庭園を眺めながら心癒されるひと時をお過ごしください。また唯一の檜風呂は、心地よい檜の香りを感じながら和の風情に包まれます。

建築の特長

玄関から大広間に向けて天井の高さが徐々に高くなり、大広間の奥に広がる庭園が目に飛び込んでくるような高揚感を誘う空間作りがされています。大広間の天井は、落ち天井と平天井で構成され、平天井は4.5畳の矢羽網代(あじろ)。池が見える窓の左側を覗き込むと、岩から木が生えたような技術で作られた下屋柱を見ることもできます。また企救の間は、多くの斬新なデザインの建具も。

お部屋タイプ和室(禁煙)
最大宿泊人数8名様
お部屋の広さ79.5㎡(12畳+7.5畳)
布団8組

玄海(げんかい)

「和モダン」も取り入れた贅沢な空間

和モダンが広がる空間で、居心地の良さの中にも和の趣を強く感じる至福の時間を満喫いただけます。縁側に設えたソファーからゆったりと会話を楽しみながら、四季折々の多彩な「百年庭園」をご堪能ください。

建築の特長

床間の端を端喰(はしばみ)で納める手の込んだ建築が見られます。また当初の建具がよく残り、掛込み天井、落天井、平天井など多彩で遊び心がある天井も見所。当時としては目新しいデザインを取り入れた近現代数寄屋の先駆けといえる建物です。

お部屋タイプ和室(禁煙)
最大宿泊人数8名様
お部屋の広さ74.6㎡(10畳+7.5畳)
布団8組


滞在中のお料理

食の宝庫九州ならではの季節の素材にこだわり、旬のみずみずしさと自然の味を大切に、一品一品心を込めて調理。春夏秋冬にあわせた小倉ならではの多彩で繊細な味覚に、思わず笑顔がこぼれます。

ご夕食

紫苑会席

春の味覚の代表 合馬産の筍、長崎ブランドのどぐろ「紅瞳」を丸ごと使った塩焼き、“艶さし”と呼ばれる霜降りが美しい佐賀牛ロースステーキ等、こだわりの九州食材の贅沢な味わいです。

瑠璃会席

天然鯛を中心に本鮪、国産雲丹等新鮮な食材を贅沢に使用したお造りや、九州の旬な食材を生かし一品一品丁寧に作り上げたお料理で、心弾む和の気分をお愉しみいただけます。

藍会席

春を感じる九州の食材を使用した会席料理は季節感もたっぷり、温かな日本の味となっております。きめが細かく肉質が良い国産牛ロースステーキもお愉しみください。

ご朝食

郷土料理 鯖の糠炊きや小倉かまぼこのカナッペをはじめ、北九州の台所、「旦過市場」の人情味あふれるふるさとの味をご堪能いただけます。季節によって変わる鯛茶漬け、鯖茶漬け等の旬の一品もあり、1日のはじまりに和の彩をお愉しみいただけます。

料理長のこだわり

九州オールスターの素材を活かした美味で色彩豊かなお料理

基本的に季節ごとに厳選された九州産の素材にこだわった食材を使用し、五味五感を意識したお料理をご提供しております。
春は、白身の大トロと言われている長崎県産の高級魚「のどぐろ」。
夏は、北九州中央市場に水揚げされる新鮮な「鮪」。
秋は、玄界灘の脂ののった「秋鯖」。
冬は、北九州からすぐ近くのふぐで有名な下関の「ふぐ」。
お肉は、宮崎、鹿児島、佐賀産などをメインとしたお料理をご用意しています。
これらメインだけでなく食菜も約2か月半程度しか収穫できない福岡産の「つぼみな」という貴重な食菜を取り寄せ色どりを与えます。
これだけの素材を活かしたお料理を食べられるのは、非常に珍しいのではないでしょうか。
お客様に笑顔で「美味しかった」と言われることが料理人にとって一番の幸せです。そう言っていただけるよう、日々、真心込めてお料理をご提供いたします。

百年庭園の宿 翠水 料理長 鶴尚人

お食事会場

ご夕食とご朝食は、ホテル棟のshizuku2階個室でお召し上がりいただけます。
また、ご予約状況によりご宿泊のお部屋でお召し上がりいただく場合もございます。


shizuku2階個室


鉄板焼「桜」

チェックイン・チェックアウト

チェックイン 15:00

ご宿泊のお客様は、ホテル棟のラウンジにてチェックインを行います。
庭園の見えるラウンジとウェルカムドリンクで、優雅な旅がはじまります。

チェックアウト 11:00

ホテルフロントにて承ります。

こだわりのアメニティ

翠水では、福岡ならではの特別なアメニティをご用意しています。

小倉縞々

「小倉織」は江戸時代初期から豊前小倉藩(福岡県北九州市)で 袴や帯などとして織られ、徳川家康も愛用した木綿布です。翠水でも、この小倉縞々が使用されています。

八女玉露

福岡県が誇る八女茶は濃厚で苦みが少なく独特の甘みが特徴。数寄者が茶室風を取り入れた住宅の様式という由来を持つ数寄屋造りのお部屋でゆったりとお召し上がりください。

いろは屋の金平糖

金平糖は宮内庁の引出物として利用されたこともある縁起の良いお菓子。地元である北九州市八幡西区で作られた、どこか懐かしさを感じさせる上品な甘みです。

客室備品、設備

  • 無料Wi-Fi  
  • 加湿器(貸出) / 空気清浄機 シャワートイレ
  • シャンプー トリートメント  
  • ボディソープ ハンドソープ
  • クレンジング、洗顔、化粧水、乳液
  • フェイスタオル バスタオル ボディスポンジ
  • 歯ブラシセット カミソリ 
  • ドライヤー ナイトウェア 浴衣
  • テレビ 湯沸かしポット コーヒーマシン
  • 目覚まし時計 消臭スプレー 
  • ミニ冷蔵庫(ミネラルウォーター、ビール、ソフトドリンク)
    ※ご自由にお飲みください
  • お茶菓子(金平糖)

翠水の庭園と建築

『庭屋一如』とは、庭と建物の調和がとれ、一体になるような空間が広がっているさまのこと。百年庭園の宿 翠水は、庭園の眺望に配慮し建物との協和を尊重するという、高い美意識をもって作られました。お部屋からは、松やつつじ、池を堪能でき、夜になると庭園に浮かぶ月を楽しむこともできます。寛ぎと美の空間「翠水」で優雅なひと時をお過ごしください。

池泉回遊式の「百年庭園」

翠水のお部屋から眺めることができる約700坪の「百年庭園」には、松、竹、池、ホルトノキがあり、時に自然の鳥の憩いの場にもなっています。この庭園は、大きな池を中心に小島、橋、名石などで各地の景勝地を再現することで、グルッと散策すると、各観光地を巡った印象を与えます。回遊式庭園は日本を代表する庭園様式で、室町時代から江戸時代には大名によって多く作られたといわれています。
今からおよそ132年ほど前の明治22年(西暦:1889年) この地方で炭鉱経営していた豊国炭鉱々主山本貴三郎氏(当時の貴族院議員)を施主と して完成した庭園は、約1,000の日本庭園の世界各国の専門家がその美と質を評価基準として選出する「しおさいプロジェクト」で、2020年は39位にランクインしました*

*「アートホテル小倉 ニュータガワ」の庭園としてランクイン

翠水の数寄屋造り建築

歴史的な日本建築は、寝殿造り、書院造り、数寄屋造りの3つに大きく分けることができます。
翠水に使われた数寄屋作りは、数寄屋(茶室)風を取り入れた建築様式です。
数寄屋作り様式は、安土桃山時代から江戸時代に完成にしたといわれ、書院造りが重んじる格式などとは反し、シンプルながらも高度な建築技法で表現する建築として愛されていました。

「企救」の矢羽網代の平天井と障子の落天井
「菅生」の竹の柱と土壁
「菅生」の意匠性の高い建具

数奇屋造りならではの斬新な天井

客室に入り見上げると、数寄屋造り建築で代表的な網代天井をはじめ、個性あふれる様々なデザインの天井が広がります。自由さもありながら繊細な意匠の数々は、見ていると普段触れることのない数寄屋造りの魅力に引き込まれます。

柱と土壁が織りなす和の安らぎ

客室内には杉丸太や竹の柱が随所に配しています。その建材をよく見ると、真っすぐではなく凹凸があったりとあえて奇木を使い、高度な技術の中にも日本ならではの温かみを感じることができます。この柱と一体になっている壁は土壁を採用し、柱の太さに合わせて薄く塗られています。

日本の伝統美を体感できる建具

建具にも職人の様々な技術、数寄屋造りの粋を感じる日本の伝統美があふれています。雪見障子を開けると座った目線の先には、四季折々の「百年庭園」があり、和の風情広がる空間で安らぎのひと時をお過ごしいただけます。

着物レンタルのご案内

百年庭園や小倉城の風情ある街並みを着物を着て散策しませんか。
ご宿泊のお客様はもちろん、お食事利用のお客様もご利用いただけます。

料金
3時間 4,950円
※含まれるもの:着物・帯(インナー含む)・足袋・草履・着付け
(きんちゃくは別途300円にてレンタル可)
※当日・前日のキャンセル料1,100円
時間
10:00~18:00
※延長の場合30分/500円
ご予約・お問い合わせ
お名前・ご希望日・人数をご明記の上、以下宛にEメールにてお送りください。
Eメール送信先:art-kokura@mystays.com
※ご来館中のご不明な点はフロントスタッフまでお尋ねください。