●フロントでの取り組み
・飛沫によるウイルス感染防止を目的にフロントにアクリル板などを設置
・接客時にお客様との間に一定の距離を保つ
・密度低減のため、フロントでの同時受付数を削減し、お客様ならびに従業員においても、隣との距離を保つ
・ボールペンやデスクマットなど、フロント備品の都度消毒の実施
・お客様に検温等の体調チェックを実施しするとともに、お客様が滞在中に37.5度以上の発熱または風邪に似た症状、呼吸器症状(咳など)の発症を申し出られた場合、速やかに保健所へ連絡し、保健所の指示の下、適切な対応を実施

●客室での取り組み
・客室内の除菌清掃
・客室内スリッパの除菌清掃、または使い捨てスリッパの設置
・客室の都度換気

●レストラン・温浴施設・宴会場など館内施設での取り組み
・施設内にアルコール消毒液を設置
・施設の定期的な換気
・一定の距離を保つ席配置や人数・時間制限など、密度低減を図る工夫
・ビュッフェスタイルでの食事提供スタイルの変更
 料理のトング、箸、サーバースプーン、レードルなどを定期的に交換等

●館内共用部での取り組み
・手すり、ドアノブ、エレベーターのボタンなど、不特定多数の方が直接手を触れる場所や物品の頻回消毒
・トイレへの消毒液設置

●従業員における取り組み
・手洗い、アルコール消毒、マスク着用、咳エチケットの徹底
・毎日の検温管理

●お客様へのお願い
・手洗い、アルコール消毒、咳エチケットの徹底へのご協力をお願いいたします。
・チェックイン時に、非接触型体温計による検温へのご協力をお願いいたします。
・チェックイン時に、身分証明書によるご本人確認へのご協力をお願いいたします。
・保健所が行う疫学調査などの宿泊者に関する状況把握に協力を行うため、宿泊者名簿への正確な情報記入にご協力をお願いいたします。
・発熱かつ呼吸器症状(咳など)の発症時には必ずフロントにお申し出ください。
・Go To トラベルキャンペーンをご利用のお客様は、「Go To トラベルのご利用に当たっての遵守事項」をお守りくださいますようお願いいたします。

「Go To トラベルのご利用に当たっての遵守事項」はこちら

・観光庁より若者の団体旅行、重症化しやすい高齢者の団体旅行、大人数の宴会を伴う旅行は一般的にリスクが高いと考えられるため控えることが望ましいとの発表がございました。該当するご旅行の際は着実な感染防止対策を講じていただき、適切に実施されるようお願い申し上げます。